感度の話~【ブログ朗読】Maika Ueda「上達するためにスペースをつくるー積み上げるよりも感度を上げることを優先するー」

こんばんは! ランラン(@southern0921)です。

「りんだラジオを通したライフエンジン」。
今日はブログ朗読記事ラストです。
ダンサーの上田舞香さん(@maika_UEDA)に登場していただきましょう。

maikaueda.com

<りんださんと上田舞香さん>

  • 当時単身でイタリアでダンス修行→刺激的
  • 自分が会社員だからなおさら特殊に感じる

<ブログ朗読>

  • 問題や課題発生の時は、頭の中にスペースをつくるといい。
    感度があがる
    現在の状況がつかめる
    自分で思考するよりもずっと自然で無理のない解決方法が見えてくる
  • 自分の目指す踊りのために反復が必要だと思っていたが、そうじゃない方法があると気づかされた
  • 「積み重ねる形式」をついついやってしまうけれども、「感覚を解放する形式」を習慣化してみよう

<りんださんの感想>

  • 読んでいて新鮮味がすごい
  • 自分の内との対話。心と体との対話を繰り返して表現しているのが素敵
  • 舞香さんの良さと自分の良さは違う。自分らしくいこう。新鮮味を持って。

以上が、ラジオの内容です。これもまたブログを読みながら聞くといいですね。
りんださんの優しい声にのせて聞く洗練された言葉の数々。久しぶりに聞いて気づかされましたが、非常にいいコラボだと思いました。

初めてこの朗読を聞いた時、私は割と厳しめの感想を書いていて、もしかしたら反復をし続けていたからこそこの境地にたどり着いたんではないか、的なことを書いてました。今はちょっと柔らかくなって、こういう方法もあるんだなーと思いますね。

小説を書く時、頭でっかちで書くと、筆が進まないことが多く、何とはなしに思いついたネタを書くと、筆が進むんですよね。意識的にスペースをあげているわけではないですが、感覚で書いている方がスムーズだなってなる時があります。ちょっと内容が違うかもしれませんが、近いかなと思います。

私も感度あげなくては! ん? 私の場合の感度をあげるって闇を深めるってことと同じなんだが、いいのだろうか。いやいいんだ、いいんだ、りんださんを見習って自分らしくいこう。

さて最後になりましたが、舞香さんの踊りの動画置いておきます。感度を高めていく、自分の踊りを極めていく舞香さんのこれからが楽しみであります。


jMatsuzaki (Music) × Maika UEDA (Dance) complete ver.

このダンス動画を見た時、最初の場面から不思議と見とれていました。ちょこちょこダンスは見てきたんですが、それまで見てきた、いわば明るいダンスとは一味違う、まるで人間の内側のエネルギーにあふれ、表現されていくように感じたからでしょうね。なめらかで力強い。ただただ「すごい」の一言です。

といったところで本日のブログはこれにて。
次回の更新もお楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゲーム好き、悪堕ち好きな主婦やってます。仕事三種に追われつつ、たまにブログ更新。ライフエンジニア(主に朝活に生息中)/特化型ディールメーカー(特定の話題で強み発揮)/心は神様と一緒に闇の中に生息中