『ゆるふわセブン』について思うこと

こんにちは、はちこ(@hachiko_listen) です。
突然のごあいさつ、失礼します。

りんだラジオぽーたる!
では新参者なので、まずは簡単に自己紹介をさせてください。

私は都内のIT企業で働く、OL1年生です。

大学生時代には、パニック障害やら抑うつやら、
生きづらさのサラダボウルを経験しました。
んでもって、心理学を通して人の
『よく生きる(=ウェルビーイング)』を実現することに、
関心を持つようになりました。

そんなこんなで、仕事をしながら、公認心理師目指して勉強中です。
一方で、いろんな方々のウェルビーイングの実現をお手伝いしたり、
キャリアに関するイベントをわちゃわちゃと主催したりしてます。

自己紹介はこのくらいにして、
今日は、『ゆるふわセブン』というラジオ番組の存在について
お話しようと思います。

皆さんご存知のりんださん。
彼女とは、2018年の春から『ゆるふわセブン』というラジオを
やらせてもらってます。
「ラジオを録る」っていうと、
何だかちゃんとしたアウトプットをしなきゃいけない気がして、
ハッキリとした目的意識がないと続かないもんだ、と思ってました。
りんださんに、『ゆるふわセブン』に誘われるまでは。

りんださんは、私のお姉さんみたいな人でありながら、戦友でもあります。
私の背中を押してくれたり、ときには一緒に戦ってくれたり。
ラジオの中でもそんなふうにして、私は何度も彼女に救われました。
リスナーを救うよりも先に、同じパーソナリティーである私が一番、
心を動かされている自信があります。

そんな風に、雑談の裏側で、二人で笑い、泣き、
汗をかきながらやってるのがこのラジオ。
体裁を気にしてる暇なんか無いので、
所謂『ちゃんとしたアウトプット』ではありません。

二人で考え込んじゃって、10秒くらい沈黙が続くことがある。
電波環境が悪い回もある。
洗練された成果物を求めている方には、
がっかりされてしまうかもしれません。

でもね、普通のOLが、自分の人生を素敵なものにするためにもがいてる、
その生き様だけはしっかり伝えたい。
そう思ってるんです。
『ゆるふわセブン』を聴いてくださった方々が、
その人らしく人生を生きようとしてくださったら、
これ以上幸せなことはありません。

そう考えながら、
「来週はラジオで何を話そうか」
なんて、思いを馳せるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ウェルビーイングに関する発信おおめ|15年の生きづらい人生→抑うつ→自己理解で回復→皆様の自己認知を深めるお手伝いをしてます|平日はOL|